意味を考えてみよう!披露宴を行う上で大切な事

結婚式と披露宴は別物?

結婚式と披露宴、この2つは殆どの場合セットで考えられ、プランニングされている場合もありますが、2つは全く別の意味合いを持っています。結婚式は、神前で夫婦になる誓いを立て、静粛な空気の中で行われる「儀式」であるのに対して、披露宴は、夫婦になった事を周囲に知らせ、賑やかに祝福してもらう「お披露目」になっています。遠方同士のカップルの場合、披露宴をそれぞれの地方で行う、なんて言う話もある程で、披露宴はパーティーと考えるのが良いですね。

招待客はどんな人が良い?

披露宴に招待するお客様を選ぶのは大変な作業です。結婚式に招待した方々以外にも、どんな方を招待すれば良いのでしょうか。両親兄弟姉妹、親戚や、新郎新婦の友人や知人、お世話になった人、会社の同僚や上司など、新郎新婦に所縁がある人なら、呼んでおいた方が良いでしょう。ただし、何よりも重要な事は、結婚した事を祝福してくれる人達、である事です。例え知り合いや近しい人間であっても、お祝いしてくれない人を、無理に呼ぶ必要はありませんよ。

どんな披露宴が良いのだろう

結婚式と違い、披露宴の内容は、新郎新婦で殆どを決める事が可能です。進行内容、食事、会場など、予算の許す限り設定する事が出来ます。新郎新婦が満足する内容になるのは勿論ですが、お披露目式であり、招待客がいる以上、来場した方々の事を考える必要もあります。会場の場所、料理の内容など、幅広い年齢層を招待する場合には、こういった物も考える必要があります。お披露目式の主役は新郎新婦ですが、見て、祝福してくれる相手がいる、その気持ちも忘れないようにしましょう。

六本木で披露宴を開催したいと希望しているなら、ブライダルフェアに参加して、さまざまなポイントをチェックすることが大切です。